読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校の壁を、自分たちで塗る-株式会社NENGOのワークショップ その1

イベント、セミナー

カラー、色あいが人に与える影響って、大きいのではないでしょうか。明るい色の服を着ると気持ちが明るくなりますし、赤い下着を身に着けると血行が良くなる、なんて話もありますね。服だけでなく空間の色合いもそうです。自分たちが過ごす環境の色を決められたら、毎日がもっと楽しくなるのではないでしょうか。

 

今日は、そういった環境を増やす取り組みをされている、株式会社NENGOさん(http://www.nengo.jp/)の活動について紹介をしたいと思います。

 

株式会社NENGOさんは、不動産の扱いやリノベーションを行う会社で、「PORTER’S PAINTS(ポーターズペイント)」というオーストラリア生まれの水性ペイントも

 

扱われています。PORTER’S PAINTSは、誰でも簡単に自分で塗れる、シンナーの匂いがしないペンキです。また、そのカラーはなんと300色あるので、自分のイメージに近い色を選ぶことができます。コツさえつかめば子どもにも扱えます。

 

f:id:yShimizu:20161223171605j:plain

↑NENGOさんのポーターズペイントのエリア。色合いに加え、質感も選択できます。

 

NENGOさんはこのペンキの講習会やワークショップを多く行われていますが、2015年に川崎市の宮崎小学校で行われたワークショップが、小学生を対象とし、色彩教育と組み合わせたものだったので、ご紹介します。

 

このワークショップでは、5、6年生が小学校の配膳ホール(給食を運ぶための場所)を塗ります。4グループに分かれて4階分のホールを、それぞれ違う色で塗っていきます。

 

まず、5年生、6年生を対象に、NENGOの方による授業が行われました。

 

「私と色」

授業は、「今日の服は自分で選んだ?なぜその色を選んだの?」という問いかけから始まります。色はそれぞれ与える印象が違うそうです。例えば、赤は「情熱的で活発、怒りっぽい」という印象、緑は「協力的、粘り強さ」など。

 

そして、色の心理テスト。紙に書かれた三重丸を、自分だと思いながら塗りつぶしていきます。それぞれの意味は、外側は自分以外に見せている自分、家族、仲良しのお友達に見せている自分、一番内側が、本当の自分、だそうです。色にはパワーがあるので、色を選ぶことで「なりたい自分」を楽しむことができるそうです。

 

f:id:yShimizu:20161223172319j:plain

 

「みんなと色」

次に、みんなと色、について考えていきます。ここでは、自分だけでなく、ある場所に住んでいる人々やその場所を訪れる人々と色との関係について考えていきます。例えばモロッコでは青が神聖な色とされているため、町が青色に塗られていることや、ディズニーランドは場所によって色が塗り分けられ、世界観が演出されていること、地域にはそれぞれ、なじみ深い色というものがある。その色と同化するか、目立つように別の色にするかは建物の用途次第でもある、ということを、写真などを見て学びます。

 

f:id:yShimizu:20161223172504j:plain

 

「学校と色」

最後に、学校が景色に与える影響を考えます。「もし学校が金ぴかだったらどうする?」という問いかけに、子ども達はざわざわ。観光名所になるかもしれないが、近所の人はびっくりするかもしれない。地域になじむ色のほうが学校にはぴったりしているのではないかという先生の意見に、賛同したようでした。

 

 

さていよいよ、配膳ホールの色を決めていきます。ここまでに学んだことを生かし、自分が好きな色だけではなく、そこを訪れた人がどう思うかや、地域との関係を考えて色のイメージキーワードを出していきます。そのあと、イメージキーワードが多かったものからNENGOさんがいくつか色を選び、提案。児童達の投票で4色を決定し、実際に塗っていきます。

 

どんな色が選ばれ、配膳ホールがどのようになったのか!続きは以下のブログをごらんください。

学校の壁を、自分たちで塗る-株式会社NENGOのワークショップ その2 - Arts in Schools

 

株式会社NENGOさん、ポーターズペイントのホームページは以下です。

www.nengo.jp

 

porters-paints.com

リアルとバーチャルで未来の都市を考える-マインクラフトのスウェーデンでの活用

仮想世界にツールを使って建物や町をつくる「マインクラフト」というゲームが、日本の小学生の間で大ブームですね。解説動画をユーチューブで見たりしながら、子供たちはどんどん自分たちでやり方を学んで上達していくので、たのもしいなあ、と思いつつ、バーチャルな世界にのめりこみすぎないか、不安になることもないでしょうか。

 

そんな思いの一つの答えとして、現実と仮想世界をうまく組み合わせている事例をご紹介します。

スウェーデンで行われている、「Future City」というコンペティションです。

 

ホームページはこちらです。

Future City

スウェーデン語しかないので、私は解読に翻訳サイトのチカラを借りました。スウェーデン語→英語が文法的にキレイに行くのでお勧めです)

 

 

こちらは、小学6-9年生(日本で言うと小6~中3でしょうか)を対象としたコンペティションです。

コンペのテーマは「持続可能性に着目した未来の都市をつくること」どんな人たちが住み、どんな人たちが働き、どんな風に余暇を楽しみ、どんなサービスを求めるか、都市が環境にどのようなインパクトを与えるかをチームで協力して考え、提出するものです。応募できるのは、各小学校1チーム。チームは6-9年生の生徒+先生とメンター1名。

提出するのは、

・マインクラフトを使って構築した都市。

・都市を説明するエッセイ

・都市の模型

 

の3つ。つまり、マインクラフトという仮想世界の中だけでなく、それを言葉で表現する、模型という立体で表現する、ということが求められます。

 

f:id:yShimizu:20161218192613j:plain

 

f:id:yShimizu:20161218192744j:plain

(上の2枚はFuture Cityのホームページからお借りしました。)

下のページでエッセイも含め、作品が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

Tävlingsbidrag 2014/2015 | Future City

 

また、コンペに参加できるようになるための教育ツールも準備されています。

都市や環境について学べるようになっているところが、また良いなあ、と思います。

 

教育とアートについての本その5-地域を変えるミュージアム

書籍紹介

ミュージアム、美術館には色々な役割があると思いますが、こちらの書籍「地域を変えるミュージアム」では「『地域を変える』チカラ」」に注目し、30のミュージアムが紹介されています。地域とのかかわり方や、それぞれのミュージアムの軸となる部分は事例ごとに違うのですが、共通しているのは、ミュージアムという「場」が、色々なものをつなぐ機能を果たしているということ。

 

1番目の事例「藁工ミュージアム」では、アートをテーマとして、地域の人どうしがつながっていく。

3番目の事例「十和田市現代美術館」では、世界的に評価された現代アートがきっかけとなり、そこを訪れた人と地域の人がつながる。

そして22番目の事例「京都国際マンガミュージアム」では、マンガとビジネスがつながったり、世界中の人がマンガを介しててつながったり。

 

コミュニティとかつながりって、どうしても似たようなイメージを持ちがちですが、それが発生する場の立ち位置をしっかり決めることで、色々な展開が考えられるんだなあ、と、あらためて思いました。

アートやミュージアムが媒介するものの可能性について、多くのヒントが得られますし、一度行ったことがあるミュージアムについても実はそんな意図が!という発見ができると思いますよ。

 

 

f:id:yShimizu:20161208204724j:plain

http://amzn.to/2gFhI96

場の力が生徒の可能性を広げる。清教学園中・高等学校のラーニングコモンズ。

施設紹介 学校紹介

 ディスカッションやグループワークで良い成果が出せるか、イノベーションが起こせるかどうかは、検討フレームや話し合いのプロセス管理、テーマ設定などとともに、「どこで話し合いを行うか」が大きく影響します。「リラックスできる」「ポジティブになれる」「新鮮な気持ちで取り組める」そんな場でワークやディスカッションができるといいですよね。

 

大阪府河内長野市にある清教学園中・高等学校の校舎内に10月、ラーニングコモンズが完成しました。図書館とも隣接した、使いやすい場所にあります。通常の授業でディスカッションをする際に使われるとともに、毎日放課後は生徒が自由に使うことができます。自習をすることもできますし、机や椅子の配置を自由に変えて、グループワークやディスカッションをすることもできます。オープンな学びの場なので、単なるおしゃべりではなく、話し合いをするための場です。

f:id:yShimizu:20161130162403j:plain

生徒さん達が「ここはちょっと他の場所と違うな」と感じられるようにするため、カラフルで、かつ移動しやすい実用的な机と椅子を置くとともに、内装もそれに合わせて変えられたそうです。天井と柱、梁のコントラストがいいですね。

 

f:id:yShimizu:20161130164814j:plain

 

 

f:id:yShimizu:20161130163246j:plain

 

ひも状のカーテンで、4つに部屋を区切ることもできます(上左)。

地元河内の木材を使った椅子のコーナーも(上右)。

 

f:id:yShimizu:20161130163431j:plain

 

そしてなんといっても窓の外の景色がとても開けているので、とても開放的な気持ちになれます!

 

f:id:yShimizu:20161130163600j:plain

 

貸出用としてノートPCのChromebookが200台あり、wifi環境も整っていますので、調べものや資料づくりもできます。また、同校では「e-ポートフォリオ」という、教材や生徒の成果物を保存し、活用できるWebシステムがあり、ここでもその活用が可能になります。そのほか、パーティションがホワイトボードになっていたり、ディスカッションに具体的に役立つしかけも多くあります。

 

色や形、視界などは数値化しにくいものではありますが、人の感覚に直接訴えるものでもあります。生徒がリラックスでき、アイディアがあふれるような上質な場づくりは、これからの学校にますます求められるのではないでしょうか。

これからここで行われる学びや活動がどんな展開を見せるのか、楽しみです。

アートについてのフューチャーセッションを行いました

フューチャーセッション イベント、セミナー

突然ですが、みなさんは、アートって何だと思いますか?

また、アートは、生活に、人生に、必要なものだと思いますか?

 

私は日々色々なシーンで、それについて考えます。

おおむねそれは、アートが足りない、ということなのですが、

家具や空間など、モノ、についてそう思うこともありますし、

コミュニケーションにおいても、もうちょっとアートがあったら、

そして、教育現場においてもアートが足りないなあ、と感じたりします。

 

じゃあ具体的に他の言葉に置き換えると、アートって、何?

アートがあると、どんな良いことがあるのかな?ということを、もっと考えたくて、

他の人の意見も聞きたくて、先日、アートに関するフューチャーセッションを開きました。                     

                               f:id:yShimizu:20161123204320j:plain         

フューチャーセッションとは、さまざまなバックグラウンドを持つ人達が集まり、一つのテーマについて話し合うことです。話し合うだけではなく、そこから新しいアイディアやつながりがうまれて来ることも期待されています。詳しくは、こちらをご覧いただければ。

https://www.ourfutures.net/about/future_session

 

一緒に企画をやろうと言ってくれた、方達と、合計6名で、3ヵ月くらい準備を重ね(この段階でもかなりアートについて語ることができました)、先日、11月6日に梅田にある、関西大学のKANDAI Me RISEを会場としてお借りし、3時間のフューチャーセッションを行いました。

 

まずは、参加者それぞれに、オリジナル名札をつくっていただきます。

結構みなさん集中して取り組んでくださり、個性的な名札がたくさんできました。

 

f:id:yShimizu:20161123204430j:plain

 

そして、名札も使って自己紹介をしながら、グループに分かれて、

「私にとってのアートって何か」「アートをテーマとして、これからやってみたいこと」などについて、話し合っていただきました。

 

f:id:yShimizu:20161123204514j:plain

 

短時間でしたが、たくさんのアートについてのアイディアが出てきました、

アイディアをそのまま掲載はできませんが、

たとえば、こんなテーマがありました。

 

・アートや表現には枠があるべきか?

・アートとデザインの境界は?

・アートは部分なのか全体なのか?

・アートは、答えを出すものなのか 

アイディアがさらなる問いを生んでいきますね。

 

f:id:yShimizu:20161123204626j:plain

さて、次のステップは!というオープンな形で、今回のアートに関するフューチャーセッションは終了しました。

 

引き続き、開催していきたいと思いますので、参加したい!という方は、清水までお声がけくださいね。!

4月にオープンする、新しい笠置町の窓!

施設紹介

京都府相楽郡にある、笠置町(かさぎちょう)ってご存知ですか?

人口1600人ちょっとで、町としては日本で2番目に小さい町だそうですが、

京都駅からも大阪駅からもそれぞれ1時間半くらいでアクセスできる、自然が豊かな場所です。町役場の方からいただいた名刺の裏面に見どころが紹介されていますが、今の季節は紅葉の名所ですし、キャンプ、ボルダリング、カヌーが楽しめるそうです。

f:id:yShimizu:20161120195022j:plain

この笠置町に、来春、民家をリノベーションした、コミュニケーションスペースがオープンします。

 

現在はこのような民家を

f:id:yShimizu:20161120200625j:plain

 

こんな感じにリノベーションするそうです。コワーキングスペース、ライブラリースペース、カフェ、宿泊スペースなどがつくられ、笠置町の人も、外から来た人も使える場になります。建物の前には広いウッドデッキが作られる予定。

f:id:yShimizu:20161120200825j:plain

 

現在の建物からの眺めはこのような感じです。うかがったのがちょっと前なので、紅葉一歩手前だったのが残念。。。

f:id:yShimizu:20161120202752j:plain

こういう美しい町、観光で訪れても楽しいものですが、もっと普段の生活について知ったり、その場所の楽しみ方を地元の人に教えてもらったりできると、もっと楽しいですよね!

外からも中からものぞける、笠置町の窓!

設計をされるのはMN設計共同体のお二人です。

(左が鈴木さん、右が広瀬さん)

f:id:yShimizu:20161120201807j:plain

建物デザインだけでなく、建物の使い方、運営まで考えられています。

学校とのコラボも大歓迎ということですので、関西の学校の先生方、いかがでしょうか!

 

笠置町ではこのほかにも色々なプロジェクトが始まるそうです。

楽しみ!

「人生をいかに楽しく生きるか」を学ぶ、デンマークの学校

イベント、セミナー

本日は、デンマークの教育システムについての勉強会にうかがってきました。

 

f:id:yShimizu:20161115010058p:plain

デンマークに移住して19年の造形家、高田ケラー有子さんが、デンマークの教育について紹介してくださった後、デンマークに2年滞在の後、六甲に

ラーンネット・グローバルスクール 好奇心伸び放題の探究型スクール

を立ち上げられた、代表の炭谷俊樹さんと高田さんとの対談でさらにそのお話しを深めていくという、結構じっくりお話しをうかがえる会でした。

お話をうかがっていて感じたのは、教育がデンマークの中で、とても大切に扱われていることです。それは、国の政策というだけではなく、みんなが大切に思い、協力してくれるということ。例えば、先生など教育に関わる人達は、他の仕事よりも休暇が長い。それは「教育という大切な仕事に関わっているんだから、しっかり休んでください」というメッセージなんだそうです。また、保護者も子どもと過ごす休暇は必ず3週間連続してとらなければならないと決められているそう。

 

また、「人生をいかに楽しく生きるか」を学ぶところが学校、という基本があり、全員同じことができるより、それぞれが自分の力を発揮することに重きが置かれるそう。だからデンマークの人は大人でも初対面で「あなたは何ができるの?」という質問を発し、小さなことでも良いから答えられることが重要なんだそうです。

 

教育の基本は「自分で決める」「経験から学ぶ」「楽しく生きる」。

「自分で決める」はわがままなのではなくて、自分で決めたことは自分でやるという練習。親も、一方的に指示するのではなく、子どもと正面から向き合い、子どもと話し合う。そうやって、市民をつくっていき、みんなで人生を楽しめるようにする。

 

子どもを信じ、向き合うこと。人生は楽しいんだと大人の態度で示すこと。競争じゃなく、役割の認識。どれも大事なことだなあ。とあらためて感じました。

コーディネーターをつとめてくださった方のプロジェクト(美山教育の森プロジェクト)も、面白そう。それらはまたあらためて書きますね。

f:id:yShimizu:20161115012501j:plain